室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年〈昭和45年〉227日 - )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県八戸市出身。血液型はB型。身長162 cm。オーケープロダクション → オールラウンド所属。 1970年(昭和45年)227日 - 青森県八戸市で生まれる。 1997年(平成9年)
14キロバイト (1,633 語) - 2020年5月11日 (月) 00:23



(出典 www.sponichi.co.jp)


 旦那の経歴が凄いですね。日本でもこれだけの経歴の人ってそんなにいないですよね。こんなに凄かったら、もっと若くて美人の女性と結婚することができたのではないでしょうか。それができなかったというのは、何か旦那側に原因があったんですかね。

1 臼羅昆布 ★ :2020/05/15(金) 19:18:17.98

2020年5月15日 17時38分
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020051502100087.html

前新潟県知事の米山隆一さん(52)と電撃結婚した作家でタレントの室井佑月(50)が15日、
「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に生出演し、リスナーにあらためて結婚報告した。
室井によると、米山さんとは元通商産業省官僚で政治評論家の古賀茂明さん(64)の紹介で
 昨年11月に知り合い、今年2月から本格交際をスタート。
5月10日に婚姻届を出した。米山さんは初婚で室井は再婚になった。
番組冒頭でパーソナリティーの大竹まこと(70)から「ご結婚おめでとうございます!」と
お祝いの花束も贈られた室井は「ありがとうごいます!」と幸せ一杯のトーンで返礼。
「今度こそは私、ちゃんと頑張るよ!」と永遠の愛を誓った。
米山さんからの猛烈なアタックで結婚を決めたという室井は「古賀さんが、米山さんはすごく
 いい人だって言っていたので、口説かれても抵抗感がなかった」と話し、「私、糖尿病で
 がんの放射線治療もしてるでしょ。コロナのこともあって、友達が善意で私と会ってくれなくて。
 そしたらしゃべる人が米ちゃんしかいないじゃん」とコロナ禍の状況が結婚を後押したことも明かした。
晴れて夫婦になった2人だが現在も別居中。
大竹から「新居は?どこに住むの? 別居婚?」と振られると、室井は「全然決めてないよ。
 最後は一緒に住むんじゃないの」などと答えていた。


(出典 www.chunichi.co.jp)

室井佑月と米山隆一氏


(出典 www.ryutsuu.biz)



(出典 www.asahicom.jp)



(出典 www.nishinippon.co.jp)



(出典 bunshun.ismcdn.jp)


【灘キラー 室井佑月   前新潟県知事と永遠の愛を誓う】の続きを読む