芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:タレント > 石田純一

    1

    石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年〈昭和29年〉1月14日 - )は日本の男性タレント、俳優。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。 東京都目黒区出身。血液型はA型。メロン所属、リクコーポレーション提携。 1954年1月14日、NHKアナウンサー・石田
    50キロバイト (6,860 語) - 2020年8月22日 (土) 05:23



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    石田純一は全然懲りていませんね。今の時期に、芸能人でありながら飲み歩いているなんて信じられませんね。自由人という感じがしますが、世間の風当たりは当然厳しくなるかと思います。昔も自己流の姿を貫いていましたが今回はどのように貫くか見守っていきたいと思います。

    1 幻の右 ★ :2020/08/27(木) 07:16:02.59

    8月25日発売の「女性自身」が、石田純一が8月中旬に再びマスクなしで男女交えた宴会を楽しんでいたと報じた。

    記事によると高級イタリアンで知人男性と、若い女性3人を交えて深夜まで飲み、千鳥足で自宅へ帰っていく姿が撮られている。写真の男女は誰もマスクをしていなかった。

    「取材に対し本人は“僕1人で入って、1人で出てきたから。まったく関係ないです”と、たまたま1人で行った馴染みの店で、他の常連客とばったり会って飲んだことを強調していました。ただ、1人で夜食事に行くなんて、もしかしたら妻である東尾理子さんにご飯を用意してもらえないんですかね……」(女性誌記者)

    石田といえばもう説明不要だろうが、4月に新型コロナウイルスに感染し、一時重症化したが、無事退院。その後はノーソックスならぬ“ノーマスク”で宴会をしている姿を何度か撮影されている。

    その後も福岡で4泊5日のゴルフ&宴会を楽しみ25歳の女性をお持ち帰りした疑惑まで報じられた。

    さらにこれらの騒動は“闇の組織”の陰謀だという暴論を提唱し「俺を*うとしている」という謎の発言で、家族だけでなく事務所関係者もお手上げ状態。もはや四面楚歌ではないのだろうか。

    8月下旬に発売された「女性セブン」では、家庭の危機を問われた石田は、

    《あと1回(週刊誌に)載ったらアウトなんですよ。だからもう……》

    と弱音を吐いていた。早速その翌週に、別の女性週刊誌にバッチリと男女の宴会が撮られてしまった。

    「“アウト”という表現は、妻・理子さんに離婚されるということかと思いきや、女性自身の記者には“あとひとつ出たらダメっていうスポンサーがいる”と明かしたようですね。だから“記事を出さないで。訴えますよ本当に”と逆ギレしたようです。

    ただ、スポンサーがいなくなて、生活費も捻出できなくなるようなことになれば、おのずと理子さんの気持ちも離れていく可能性はあるかもしれませんよね。石田さんは今仕事がほとんどありませんから」(芸能リポーター)

    1人でイタリアンレストランを訪れたと話す石田。同席した女性も知り合いが呼んだことで、“1千パーセント関係ないです”と強気につっぱねている。

    「記者としては、女性との関係性を問題視しているわけではなく、コロナ禍にノーマスクでここまで立て続けに飲み歩いていることを指摘したかったのではないでしょうか。福岡での女性との密着写真が報道されてしまったので、石田さんはまた女性問題と追及されるのを恐れたのかもしれません。

    何が問題なのか、いまいち理解していないように見えます。しかし、この間まで“謎の組織に命を狙われている”と発言していた人間が無防備に連日、夜中まで飲み歩いているなんて矛盾していますね」(スポーツ紙記者)

    残り1回という「最後のチャンス」を撮られてしまい、“ゲームオーバー”となりそうな石田。本人は「あと一回でアウト」はスポンサーの意味だと説明したが、スポンサーだけでなく、沈黙を貫き続けている妻・理子は、どんな心中でいるのだろうか――。

    FRIDAYデジタル
    8/27(木) 7:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5ea84cf4f61347663fe736b920e85f6f302d899


    (出典 geinou.rin-news.tokyo)



    (出典 www.cataloghouse.co.jp)



    (出典 hochi.news)



    (出典 www.news-postseven.com)


    【石田純一 コロナ感染後にも関わらず懲りずにまた…「〇〇宴会!」】の続きを読む


    石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年(昭和29年)1月14日 - )は日本の男性タレント、俳優。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。 東京都目黒区出身。血液型はA型。メロン所属。リクコーポレーション提携。 1954年1月14日、NHKアナウンサー・石田
    50キロバイト (6,767 語) - 2020年4月22日 (水) 23:01



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


     石田純一は、早稲田大学卒業で頭もいいのだから、もっと物をよく考えて発言すればいいのにと思います。岡江久美子の件で、非常にデリケートになっているときに色々な意味に解釈される、「諸行無常」という言葉を発することがどうかなと思います。本人はしっかりした考えがあって発言していても、色々な解釈に取られることが多いからそのこともよく考えた方がいいと思います。

    1 ひかり ★ :2020/04/24(金) 14:57:17.01

     タレントの恵俊彰が24日、TBS系「ひるおび!」で、新型コロナウイルスで入院中の石田純一が女優の岡江久美子さんの訃報に「諸行無常だね」というメッセージを
    恵に送ったことを明かした。

     番組では突然の岡江さんの訃報を特集。これまでの活躍や亡くなるまでの経緯などを報じた新聞記事を紹介していった。

     恵は「この訃報、ゴゴスマを見ながら知ったんですけど、ちょうどその最中に、石田純一さんとメッセージのやりとりをしてまして」とコメント。

     恵は石田へ「アビガンが効いてるらしいですね、良かったですね、早く帰ってきて下さいね」とメッセージを送ったところ、石田からは「待っていてください」と返信が来たという。

     その直後に、テレビの速報で岡江さんの訃報が流れ、恵も驚いてすぐに石田へ「大変なことになりました、岡江さんが」とすぐさまメールを送信。石田は「ええ!」と驚き、
    しばらくして「諸行無常だね、コロナは怖いね」と返信があったという。恵は「いまだに信じられません…」と岡江さんの急死に表情を曇らせていた。

    デイリースポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000039-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587696953/


    (出典 encount.press)



    (出典 saisin-news.com)



    (出典 portal.st-img.jp)



    (出典 www.mag2.com)


    【石田純一、岡江久美子死去へのメッセージの内容が批判殺到!】の続きを読む


    石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年(昭和29年)1月14日 - )は日本の男性タレント、俳優。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。 東京都目黒区出身。血液型はA型。メロン所属。リクコーポレーション提携。 1954年1月14日、NHKアナウンサー・石田
    50キロバイト (6,767 語) - 2020年4月22日 (水) 23:01



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


     芸能人がかなりコロナに感染していますね。ワイは、あまり人ごみに行かないから感染リスクはあまりないですが、公共交通機関等を利用する人はかなり危ないですね。早く収束してほしいものです。

    1 豆次郎 ★ :2020/04/22(水) 14:12:51.08

    2020.4.22 05:05
    アビガンによる治療を受け、症状が好転したと告白した石田。一日も早い回復が待たれる

     新型コロナウイルス感染で入院中の俳優、石田純一(66)が21日、本紙の単独インタビューに応じ、猛省した上で現状について語った。病床から電話で回答し、「発症の自覚がなかったとはいえ、仕事で沖縄に行き、多くの方にご迷惑とご心配をかけ申し訳ない」と真摯(しんし)にわびた。また、一時悪化した症状がインフルエンザ治療薬「アビガン」の服用で好転したと治療内容を初告白した。

     14日に肺炎で緊急入院し、15日にコロナ陽性と判明した石田が、入院から1週間たったこの日、電話で心境を打ち明けた。

     「症状がなかったとはいえ、外出や県外自粛のご時世。沖縄に行ったことが悔やまれます」

     最初に口をついて出たのは自責の念。那覇市で経営する冷麺店のコロナ対策のため、空路現地に行ったことを猛省した。

     仕事の延長で10日に沖縄入りした翌11日に関係者とゴルフ場でプレー。そのとき初めて体のだるさを覚えたが、せきや発熱もなく過労と思い、13日に帰京するまで市内のホテルに3泊した。

     「結果として飛行機の乗客や沖縄の人たちに多大なご迷惑とご心配をかけ申し訳ありません」と平謝り。ゴルフ場は消毒後に再開したが、ホテルは16日から30日まで休館し、冷麺店は13日から臨時休業中でもあり、謝罪の気持ちがあふれた。

     現在は徐々に回復し、世間を騒がせただけに、自身の体験談を話すことで、未知の病と闘う国民に情報を提供したいと決意。レギュラー出演する文化放送のワイド番組で16日に流された肉声(15日に収録)は「38・8度の熱があるぐらい」と声に張りもあったが、その後は頭痛がひどく息苦しくなり、症状は悪化したという。

     そんな中、コロナの治療薬としても期待されるアビガンを服用したことを初告白。医療関係者の努力に支えられ、「アビガンなどいろいろな薬を投与していただいた。3日たった頃から平熱に戻り始めて、症状もだいぶ和らぎ、数値が正常に近づいてきた。お医者さまに感謝です」としみじみ吐露した。

     臨床試験の始まったアビガンは、ウイルスの増殖を防ぎ、重症化する前に服用すれば熱を下げるなどの効果があるとされる。

     コロナに感染した脚本家で俳優、宮藤官九郎(49)もアビガンで高熱が下がり、7日に退院した。石田も身を持って効果を立証した形だが、「私の場合、他の薬の副作用なのか血流が悪くなり、血液をサラサラにする薬を投与されているんです」と付け加えた。

     また、石田の感染源の可能性として浮上したのが、5日に北関東のゴルフ場で参加したプライベートのコンペ。一部上場企業の社長ら8人ほどが参加し、ラウンド後の寿司を食べる会に参加した複数の女性を含む数人が、その後コロナ陽性と判明したという。

     「私の知っているメンバーは半分ほど。女性とも面識はなく、うち1人が『熱っぽい』と言っていたので、こんな時期に勘弁してほしいなぁと思っていたほどなんです」と振り返りつつ、「ゴルフはたまたま、この時期に重なっただけ。最近は年間10ラウンドぐらいしかしないのになぁ」と自嘲気味に打ち明けた。

     退院まではまだ時間はかかるが、確実に快方へ向かい、妻でプロゴルファーの東尾理子(44)ら家族や周囲も安心感を取り戻しつつある。

    https://www.sanspo.com/geino/amp/20200422/geo20042205050006-a.html

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587518297/


    (出典 labopick.com)



    (出典 daiki-global.work)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【石田純一 奇跡の回復!やはりこの特効薬はすごい!】の続きを読む

    このページのトップヘ