芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:タレント > 青木さやか

    3

    青木 さやか(あおき さやか、1973年3月27日 - )は日本のお笑いタレント、女優、司会者、フリーアナウンサー。ワタナベエンターテインメント所属。過去に、事務所ディクターランドに所属していた。愛知県瀬戸市出身。 両親共に小学校教諭という家庭環境で育つ。愛知県立瀬戸高等学校を経て、名古屋学院大学外国語学部中国語学科卒業。
    30キロバイト (3,686 語) - 2020年7月12日 (日) 10:33



    (出典 www.meg-net.com)


    知り合いでもギャンブル依存症の方がいますね。私は全くギャンブルをしないのでその気持ちはわかりません。以前何回かしたことがありましたが、全く当たらずお金が消えていくイメージしかありません。もし、大勝ちしていたら危なかったかも・・・!?

    1 Egg ★ :2020/08/24(月) 17:35:00.53

    写真


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    青木さやかさんの好評連載「47歳、おんな、今日のところは「……」として」ーー。青木さんが、47歳の今だからこそ綴れるエッセイ。母との関係についてふれた第1回「大嫌いだった母が遺した、手紙の中身」が話題になりました。第6回は「〈ギャンブル依存症〉として」です。

    * * * * * * *

    ◆1万円が100円に見える日も

    かつてパ*のことばかり考えていた時代がある。25年くらい前、実家のある名古屋(本当は名古屋市ではない)にいた頃から。毎日ダルくてバイトに行くにも起きられなかったのに、パ*を打ちに行く時は違う。新台オープンの為に張り切って早朝に起きた。目覚まし時計より早く起きることができたものだ。

    パ*友達のおじさんと店で待ち合わせして、前日に台ごとの回転数を控えてあった紙を見ながら話す。
    「35番台がいいよ」
    「昨日35番台に座ってたおばさん、今日も来てる。取れないかも」
    「走って35番台にタバコ置いといてやるよ」
    「えー、いいの!」

    そして35番台を朝一で取れた日は世界一ついてる! という錯覚に陥った。決してお金があったわけではないが、その時ばかりは「1万円が100円」くらいの感覚になった。

    ◆そこにいけば現実を忘れられた

    東京に出てきてからも、なかなかパ*がやめられず、借金がかさんでいった。お願いだからパ*をやめてくれ、と言っていた、当時の彼氏には「もうやめた」と嘘をつき、バイトに行くと行ってはパ*に通った。

    パ*屋さんから出てくるところを目撃される度に彼氏と喧嘩になり、「もうやめた、信じて」と懇願し、「いや、信じられない」という彼に抱きつき、なし崩し的にベッドになだれこみ、翌日何事もなかったかのようにパ*に行った。こんなことを繰り返すうちに、彼は部屋から出て行った。

    ひとりぼっちになったけど、私にはパ*屋さんがあった。そこにいけば名前も知らないパ*友達がいたし、何しろ「仕事ない」「彼氏ない」「お金ない」現実を忘れられた。

    もちろん私だって、ギャンブルをやめたかった。芸人としての下積みが長くて借金を背負ったわけではなく、ギャンブルがやめられなくて借金を背負ったのも情けなかったし、負けたときの喪失感と言ったらなかった。

    ある日、パ*を休み図書館に行って、なぜギャンブルがやめられないかを調べたことがある。その本には、リーチがかかると脳内*が出て、その快感が忘れられない、とあった。なるほど確かに、確変中より、これは来るかも! というリーチの方が興奮する。これは一理あるぞ、と思ったが、だからなんなの? となり、その足でパ*に向かった。

    婦人公論 8/24(月) 12:31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0d419e429bb9be5bb3899c3d38552c8b8c772f3


    (出典 news.1242.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 tr.twipple.jp)


    【 青木さやかのすさんだ私生活があきらかに・・・「〇〇〇依存症!?」だった!?】の続きを読む


    青木 さやか(あおき さやか、1973年3月27日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者、フリーアナウンサー。ワタナベエンターテインメント所属。過去に事務所ディクターランドに所属していた。愛知県瀬戸市出身。 両親共に小学校教諭という家庭環境で育つ。愛知県立瀬戸高等学校を経て、名古屋学院大学外国語学部中国語学科卒業。
    30キロバイト (3,700 語) - 2020年2月25日 (火) 23:16



    (出典 cdn.narinari.com)


     両親、そして母親との関係は難しいですね。ワイも母親との関係が最悪で、そのストレスで精神を病みました。
    中々いい親に巡り合うことは難しいですね。
    でも、生んでくれたことには感謝しなければいけないので、これから親孝行はしっかりしていきたいと思います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/16(月) 20:37:20 ID:uNIRmpr29.net

    長年にわたり母との確執を抱えていたという、タレントの青木さやかさん。現在発売中の『婦人公論』3月24日号で、ご両親を看取った経験を語っています。わだかまりを解消するために掲げた目標とは…(構成=田中有 撮影=川上尚見)
    * * * * * * *

    ◆「ごめんね」の一言が言えないまま

    2014年に父を、19年の秋には母を見送りました。どちらも愛知県にいたので、近くに住む弟や親戚が主に通ってくれて、私はたまに顔を出すだけ。看病や介護の戦力にはあまりなっていなかったと思います。それでも、2人を見送ることを通して、私が得たものはとても大きかった。

    成人しても、結婚して子どもを産んでも両親といい関係を築けなかった私が、考えを改めるひとつのきっかけとなったのが、父の死でした。

    私が中学生の頃に母と離婚した父とは、長いこと連絡を取り合っていませんでした。それでも、娘が小学校にあがってからは、ぽつぽつと会うようになっていたのです。父は孫に会いたいし、娘もおじいちゃんに可愛がってもらえる。3人で名古屋の父の家で会ったり、父が私の家に来たりして、私は親孝行した気分になっていたんですね。

    でも、私と父とのわだかまりや溝みたいなものがなくなったわけでは決してありませんでした。私は父と正面から向き合うのが怖くて、ずっと娘の陰に隠れていたのです。

    そんな関係が続いていたある日、父と電話で娘について話すうち、言い合いになってしまいました。私は父が放った「お前の育て方が悪いんだ」の一言でカッとなって、「私のことを見てもいなかったのに、よくそんなこと言えるね」と猛反論しました。まさか、それが最後の会話になるなんて……。

    しばらくして、父が家で倒れたと弟から連絡が入りました。「気がつかないうちに病気が進行していた。危険なのですぐに手術する」と。まだ父も60代と若いし、いままで何度か大病から回復していたので、私は「元気になったら、父と向き合おう」と悠長に構えていたのです。そうしたら術後の回復が悪く、父は急に危篤状態になってしまいました。

    新幹線で駆けつけ、病室を訪れると、父の意識はほぼない状態で、コミュニケーションもままならない。病院の関係者や親戚がいる前で、「この前はごめんね」とも言えず……。そのうちに何日かして持ち直し、容体が急変するとまた病院に呼び出される、というのが数ヵ月続きました。

    期待したり落胆したりの繰り返し。これが本当にこたえて、精神的にも肉体的にも限界でした。そしてとうとう謝ることができないまま、父は弟と母に看取られ、亡くなったのです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00001738-fujinjp-ent
    3/16(月) 12:00配信


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 img.cinematoday.jp)



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    【青木さやか「母親との関係について激白!」両親をみとって今言えること】の続きを読む

    このページのトップヘ