鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
21キロバイト (2,507 語) - 2020年2月7日 (金) 04:18



(出典 trendroom5.com)


 東出と唐田えりかの不倫とは騒がれ方が違いますね。鈴木杏樹は、ずっと私生活が明かされず、清楚なイメージできたのでそのことがやはり、叩くよりも驚きの声が多く出るのではないかと思いました。でも、男性には妻もいるので今回の不倫は許されるべきではないと思います。

1 Egg ★ :2020/02/07(金) 09:32:43 ID:X2dKOr2g9.net

『週刊文春』によって報じられた鈴木杏樹と俳優の喜多村緑郎の不倫。喜多村には'13年から結婚している元宝塚のトップスターの妻・貴城けいがいたのだ。

【写真】

(出典 amd.c.yimg.jp)


 先日報じられた「東出昌大・唐田えりか」の不倫があれだけ世間のひんしゅくを買い、彼にいたっては今もマスコミに追われ“車中泊”を余儀なくされているというのに、よくやったな……。今回も瞬く間にネットニュースで拡散されたわけだが、同じ不倫であるにも関わらず、コメント欄が「東出・唐田」の件とは異なる反応をみせているのが興味深い。

《ええー。鈴木杏樹好きだったのにこれは残念に感じる。可憐で清楚なイメージが台無し。いい大人なんだから分別を持って踏みとどまって欲しかった、少なくとも相手が結婚しているならば》

《そんなイメージ無かったなぁ ま、あくまでもイメージはイメージでしか
ないけど。旦那さん病気でなくして辛い目にあったのに。ちょっと残念…》

 全体の傾向として目立ったのは「叩く」よりも「ショック」といった論調の多さだ。'13年に外科医の夫にがんで先立たれたという同情すべき点もあるだろうが、まず、あまりにも彼女のイメージ=不倫に結びつかないために、非難する気持ちよりも驚きのほうが勝っているようにみえる。しかし、年齢が50代に差し掛かったにもかかわらず“可憐で清楚”とはこれいかに──。

2/7(金) 6:30配信 週刊女性プライム
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00017147-jprime-ent


(出典 nemutaiwow.com)



(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 www.jvcmusic.co.jp)


【やはり別格!<鈴木杏樹> 不倫に対して非難より驚きの声】の続きを読む