芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:タレント > 加藤紗里


    加藤 紗里(かとう さり、1990年6月19日 - )は、日本の女性タレント、元レースクイーンである。 広島県出身。2006年の第38回ミス日本コンテストで、姉(茉里)と共に中国・四国代表に選出される。 その後、学業の傍ら地元広島でキャンペーンガールなどを務めていたが、大学を中退して上京。女性ファ
    15キロバイト (1,725 語) - 2020年4月28日 (火) 07:40



    (出典 www.nikkansports.com)


     加藤紗里は、炎上させて話題作って、メディアに出ているわけだからそんなこと言える立場なのかなぁと思います。彼女の場合、批判する人がいなければ埋もれて終わりですからね。他の人が言うならわかりますが、この人が言っても全く説得力ないですね。

    1 Time Traveler ★ :2020/05/25(月) 14:42:17.41

     先月28日に第1子となる女児を出産したタレントの加藤紗里(29)が25日までに自身のインスタグラムを更新。ストーリーでフォロワーからの質問に回答し、誹謗(ひぼう)中傷について言及した。

     フジテレビ系の恋愛系リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー・木村花さんが23日に22歳で急死。SNS上で木村さんを誹謗中傷するコメントが上がっていたことが問題視される中、フォロワーから「もしさりさんが誹謗中傷されてたら してる人たちを訴えてほしい」との声が寄せられると、加藤は「されまくりすぎてるから数が大変なことになる!www」とコメント。

     YouTubeチャンネルでも過激な動画を投稿し、コメント欄でたびたび批判を浴びている加藤。フォロワーから「不法侵入とかの動画絶対アンチ騒ぐじゃん?絶対バッシングなのわかってるし。なんでUPするの?」と問われると、「アンチってほんとにおかしいよね だって不法侵入ほんとにしてるわけないぢゃん!w 考えたらわかるのにバラエティがわからない人たち、、、」と返答した。

     そしてフォロワーから「さりちゃんの動画バラエティとリアルが混ざってるから、アンチは境界線わかってないよね」との声が上がると、「そうなの!!ただ面白い動画を見てほしいだけなのに!!」とつづっていた。

    報知新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-05250073-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 sa-ta-mi.com)



    (出典 hochi.news)



    (出典 relaxmylife001.com)



    (出典 biz-journal.jp)



    (出典 cdn.asagei.com)


    【加藤紗里、インスタグラムで誹謗中傷問題について言及「頭おかしい」】の続きを読む


    加藤 紗里(かとう さり、1990年6月19日 - )は、日本の女性タレント、元レースクイーンである。 広島県出身。2006年の第38回ミス日本コンテストで、姉(茉里)と共に中国・四国代表に選出される。 その後、学業の傍ら地元広島でキャンペーンガールなどを務めていたが、大学を中退して上京。女性ファ
    15キロバイト (1,672 語) - 2020年2月29日 (土) 13:07



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


     加藤紗里は、顔もスタイルもすごいいいのにあの性格は何とかならないのでしょうか?キャラ設定だとしても、超美人だからもっと別の売り出し方があったのではないかと思います。本当は、ひょっとしたらすごい性格がいい女性かも?知れませんが、メディアで観ている限りはどうかなと思ってしまいます。テレビとまんまの性格だったら、結婚した男性の顔が見てみたいです。

    1 フォーエバー ★ :2020/04/11(土) 21:49:40.72 ID:6jpyr5Cl9.net

    第1子妊娠中で臨月に入っている加藤紗里(29)が11日、読売テレビで放送された「特盛り!よしもと」に電話で出演。元夫との警察沙汰について説明した。不動産経営者の元夫とは昨年9月に結婚したが、3カ月でスピード離婚。その後、結婚1週間で別居していたことを自ら明かしている。

    【写真】シャツがはち切れそう…加藤紗里 胸に堂々「炎上商法」

     トラブルが起こったのは3月15日。加藤が帰宅すると、自宅マンションのカギがつけかえられ、“元夫の知人”が家の中におり、入れず、“夫の知人”に通報され、加藤は警察で任意で事情聴取を受けた-というもの。「自宅」とは、都内の家賃50万円の高級物件で、元夫が借主。夫婦の新居だったが、元夫が家を出てからは加藤1人で住み続け、離婚後も退去せず、住んでいた。

     加藤は「帰ってきたら、元ダンナに雇われた“占有屋”がいて、入れなかったんで、彼氏に隣の人を呼んでもらって。彼氏が窓ガラス割ろうとして、ガンガンやったら、警察呼ばれて」とプンプンした様子で説明した。

     MCの今田耕司は「そらカギ替えられるわ」「そら呼ぶよ(警察)。襲われてんねんから」と冷静に反応。加藤は「紗里んちだから!紗里のもの!」と反論すると、今田は「法律上は元ダンナさんのもん」と説明。それでも加藤が「だけど、(あと)10日で出て行く、って言ってる、妊婦ですよ」と食い下がると、今田は「それは知らんよ、倫理観。社会のルール」と穏やかに加藤の主張をはね返していた。

    4/11(土) 21:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000111-dal-ent

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.ericmartin.jp)



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    【加藤紗里の警察沙汰「倫理観、社会のルール」の欠如!】の続きを読む


    加藤 紗里(かとう さり、1990年6月19日 - )は、日本の女性タレント、元レースクイーンである。 広島県出身。2006年の第38回ミス日本コンテストで、姉(茉里)と共に中国・四国代表に選出される。 その後、学業の傍ら地元広島でキャンペーンガールなどを務めていたが、大学を中退して上京。女性ファ
    15キロバイト (1,672 語) - 2020年2月29日 (土) 13:07



    (出典 sky-journal.com)


     今、どうでもいいニュースではないでしょうか。コロナウィルスの蔓延で世界的な危機にある現在、この人の臨月とかで話題にしている状況ではないと思います。芸能界では、志村けんがコロナウィルスで亡くなり、そのことが大きく報道されている状況ですからね。まぁ、とにかく健康な赤ちゃんを産んでほしいとは思います。

    1 靄々 ★ :2020/03/31(火) 23:16:16.82 ID:wjmlpF4J9.net

    加藤紗里「皆さんに隠していたことが…」すでに臨月突入 当初は6~7月出産と…

     タレントの加藤紗里が31日、インスタグラムですでに臨月に入ったことを報告した。加藤は妊娠を公表した今年1月にはSNSで出産予定は6月から7月としていた。

     加藤は1月に更新した動画で「産みます。初夏予定。6月か7月ですね」などと語っていたがこの日投稿したインスタグラムには「みなさんに1つだけ隠していたことがあります。いつ報告していいのかわからず、、、もう臨月に入りました!」と報告。臨月は出産に臨む最後の1カ月で、いつ生まれてもおかしくない時期を指す。

     加藤は大きなお腹でヘッドスパに来た写真をアップ。首から下をすっぽりかくすケープをつけているがお腹が大きく膨らんでいる。

     加藤は「ついにもうすぐりりに会えると思うと嬉しくて毎日にやにやしてます」と喜びをにじませた。

    加藤紗里

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    Instagram
    https://www.instagram.com/p/B-Y2mCwFLD6/

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000091-dal-ent
    3/31(火) 16:36配信デイリースポーツ


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.ericmartin.jp)



    (出典 uaring.com)



    (出典 workoutrev.com)


    【ファン、大ショック!加藤紗里の隠し事「もう臨月に入りました」】の続きを読む

    このページのトップヘ