芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ: アイドル


    活動し、グループ主演の映画『幕が上がる』で第39回日本アカデミー賞話題賞などを受賞。 愛称はももクロももクロちゃん。Zの文字を宙に書いて指を突き出すポーズを常用する。 「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込め、ももいろクロ
    194キロバイト (18,923 語) - 2020年3月11日 (水) 09:09



    (出典 news.1242.com)


     アイドルと言えども別に徳絶な存在ではないですからね。確かに、一般人からすれば違うかもしれませんが、まぁ弁当だって食べますからね。昔は、アイドルはトイレに行かないとかそんなことを言っている人もいましたが…。
    ももクロは、他のアイドルグループと違って、身近なところがウリですからね。そのようなことから考えると、今回の内容もももクロにとってはプラスに働きますね。

    1 臼羅昆布 ★ :2020/03/19(木) 23:54:33.70 ID:QtrnwNgM9.net

    2020/3/19 16:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200319-00000013-pseven-ent

    「いま、会えるアイドル」のキャッチフレーズで2008年に結成した『ももいろクローバーZ』は、いまだに庶民派だ。
    2月のある日、メンバー4人が現れたのは、音楽番組の終了後に移動車に乗り込む駐車場。
    全員が手にしていたのは、現場で出されたお弁当だった。
    ある番組スタッフは、「出されたお弁当を食べる時間がなかったので、お持ち帰りしていたそうですよ。
     用意された弁当に見向きもしないアーティストもたくさんいる中、律儀な子たちですよね」と笑顔で語った。
    彼女たちはトップアイドルにもかかわらず、仕事の現場では驕るような姿勢を見せることなく謙虚に明るくスタッフと
    接することから、すこぶる評判がいい。
    今年で結成12年目、メジャーデビューからは10周年。あるアイドル評論家が言う。
    「五輪イヤーである今年、彼女たちは聖火ランナーに選ばれています。リーダーの百田夏菜子(25才)は地元・静岡県の選定で、
     高城れに(26才)と玉井詩織(24才)、佐々木彩夏(23才)は神奈川県の選定。これは息の長い活躍を評価された証しです」
    4月18~19日には、彼女たちにとって思い入れの深いライブが計画している。
    東日本大震災の原発事故で被害を受けた福島県の楢葉町、広野町、浪江町との合同で、Jヴィレッジでのライブ
     『ももクロ春の一大事2020~笑顔のチカラつなげるオモイ~』を開催予定なのだ。
    『春の一大事』は地方自治体とコラボし“町おこし”を目指すライブとして彼女たちのライフワークになっている。
    今年は被災地復興への思いが詰まったイベントになる予定だが、新型コロナウイルスの影響で開催の行方が注視されている。
    「社会貢献も欠かさず、素朴な素顔も相まって、これだけ良いイメージを長続きさせてきたアイドルグループは稀有です」(前出のアイドル評論家)
    ある音楽関係者は「ももクロは2014年に旧・国立競技場で女性グループ初の単独コンサートを実現しています。
     彼女たちのひそかな夢は、いつか新しい国立競技場で再び単独ライブをやることなのです」と話す。
    新国立競技場のコンサート収容人数は、国内最大級の約8万人といわれる。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    画像


    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 www.m-on-music.jp)



    (出典 www.cinemacafe.net)



    (出典 news.1242.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【ももクロ 弁当を持ち帰り写真をスクープされる 律儀な姿が人気の理由か】の続きを読む


    の質問にもレスを返している。また、定期的にオフィシャルブログにて「美容整形でなりたい芸能人ランキング」を公表。テレビCMや情報番組にも出演。芸能人整形疑惑に対するコメントなどの活動を行う。AKB48などのアイドル、モデル、芸能人の情報にも精通している。 趣味は、ゴルフ、筋トレ、格闘技観戦。柔道三段
    5キロバイト (578 語) - 2020年2月4日 (火) 16:23



    (出典 oricoma.com)


     元から美人ですよね。これで容姿に悩むとは、世の中の大半の女性はどうなってしまうのでしょうか。整形後は、さらに美しいですね。整形に否定的ではありませんが、何ごともほどほどが丁度いいのではないでしょうか。

    1 シコリアン ★ :2020/02/08(土) 15:26:17 ID:SsXaYq2B9.net

    左:整形前 右:整形後

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     こんにちは、現役女子大生ライター雛野まほ(@hinanomaho)です。突然ですが、皆さんは自分のことを*だと思ったことはありますか? 私は逆で、自分はそこそこ綺麗なほうだと思っていました。

     でも15歳のとき、憧れていたアイドルになって初めて自分が「*」だと気づきました。どれだけ努力をしても人気が出るのはいつも可愛い子。ネットの掲示板では「*」と書かれ、高校で「アイドルのくせに可愛くない」と面と向かって言われたこともありました。

    ■東京には、そこら中に可愛い子がいた

     努力しても努力してもどうにもならない現実。「*なら*なり」にと、お笑い担当になり、ファンは少し増えましたが、この顔では憧れの正統派アイドルとしては、やっていけない現実に毎日泣くばかり。

     大学進学を機にアイドルを辞めた私は、ますます自分の顔にコンプレックスを抱くようになります。

     なぜなら東京には、街にも大学にもそこら中に可愛い子がいたから。「私は可愛いくない」。そう思うと何をしても楽しい気分にはなれませんでした。特にコンプレックスだったのは歯並びで、写真を撮る時は絶対に口を閉じ、人前で笑う時は手で口を隠していました。

     ある日、いてもたってもいられなくなり、審美歯科(美しさに焦点を当てた歯科医療)で診察してもらいました。前歯6本のセラミックで50万円と、大学生の私には目が飛び出るほどの高額な値段でしたが、幼少の頃から母が貯めていてくれたお年玉の貯金で“即日施術”をしました。

     綺麗に並んだ仮歯を鏡で見た瞬間、今まで感じたことのないような多幸感を抱きました。人前で口を開けられる……それだけで今までより何倍も楽しい瞬間が増えました。
    整形地獄にハマった元アイドルの主張「泣きながら“張ったエラ”を殴り続けた…」

    ■自分の顔が少しずつ変わっていく嬉しさ

     多幸感をもう1度感じたいがあまり、また整形をしようと思いました。今度は涙袋にヒアルロン酸を注入し、輪郭にボトックスという筋肉を衰えさせる注射を打つことに。結構な痛さでしたが、大嫌いな自分の顔が少しずつ変わっていくことに嬉しさが抑えられませんでした。

     少し自信もついたことで、もう1度夢を叶えるために芸能事務所に入り、グラビアアイドルの仕事を始めました。

     しかし活動の幅を広げたことで、以前よりも容姿を叩かれることが増加。コンプレックスである輪郭を指摘されるたび、「そんなことは分かってる」と最初は腹立たしさを感じていました。

     が、徐々に洗脳されるがごとく、自分の輪郭が心底嫌いになっていったのです。鏡を見るたびに辛くなり、泣きながら「張ったエラ」を殴り続ける日もありました。

     このままではおかしくなると感じた私は整形の情報を方々で集め、韓国で施術を受けることを決意し、「頬骨削り」「エラ削り」「口筋切除」を予約。金額は日本円にして約60万円。貯金はゼロになりましたが、その時の私にとっては大した問題ではありません。

     これで「誰にも文句言われなくなるくらい可愛くなれる」とワクワクが止まらず、術中に亡くなるほどのリスクもありましたが、「この顔のまま生きていくなら*だほうがいいや」とまで思っていました。

    「もう*でいい」とさえ思っていたが…

    続きは
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00262163-bizspa-life&p=2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00262163-bizspa-life&p=3


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.agara.co.jp)


    【元アイドルが整形地獄を激白「もっと美しくなりたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ