芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > AKB48


    親が見たら悲しみますね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/15(月) 12:18:00.12 ID:3KcYgvL29.net

    新潟を本拠にする『NGT48』の不祥事による組織改編が囁かれる中、本家の『AKB48』も「もはや末期的」だと評判だ。NGTの話はさておき、今やAKBの人気下降に歯止めがかからないという。

    「5月で卒業する『HKT48』の指原莉乃をAKBの一員と考えても、東京の方にスターがいません。選抜総選挙は昨年の第10回で終了。
    以前はオジサンたちの飲み屋の話題にまでなったのに、予想しようにもメンバーの名前すら出てこないありさまです」(芸能ライター)

    昨年の1位は名古屋を本拠地とする『SKE48』の松井珠理奈、2位が同じく須田亜香里、3位が博多を拠点とする『HKT48』の宮脇咲良…。
    まさに〝本家〟AKB不在の状況だ。

    「総選挙6位はAKB専任で今年3月まで総監督を務めた横山由依が入ったのですが、AKBで全国区の知名度があるのなんて横山ぐらいなものでしょう。
    顔と名前が一致しないようなメンバーばかりでは、盛り上がるはずもありません」(同・ライター)

    例えばチケットにしても、昔は1カ月待ちや出演メンバーによっては即完売というのはよく聞かれたもの。ところが、

    「今なんて特別なイベントでもない限りガラガラで、当日あるいは前日でもチケットが取れるんです。『国民的グループ』なんて呼ばれたのは、本当に今や昔の話です」(同)

    アイドルがエロを売りにしたらもう末期
    白石麻衣が看板の『乃木坂46』は、まずまずの人気を維持しているが、

    「プロデューサーの秋元康氏が、もうAKBを見限ったという話まであるほど。だからなのか、なかなか光る新人も出てこない。
    古参の柏木由紀は、もうしばらくいるつもりでマイペース。粘りに粘った小嶋陽菜のように29歳までやって、それを超えたいとも」(アイドル雑誌編集者)

    最近のAKBのステージは、アイドルには似つかわしくないという声も聞こえている。

    「メンバー同士で〝カラミっぽいこと〟をやりながら歌ったりする。さらにはどんどん衣装を*いって下着風でも極めて裸に近いような格好までして歌う。
    口の悪いファンの間から『ストリップAKB』とか『AKBヌード劇場』なんて呼ばれています」(同・編集者)

    それならそれで、むしろ新たなファンを獲得できそうな気もするが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1777196/
    2019.04.15 10:31 まいじつ


    (出典 img.hmv.co.jp)


    【『AKB48』裸に近い格好で舞台!それでも客足まばらの悲惨な現在 秋豚も見限った!?】の続きを読む


    板野友美『ライブ告知』再生回数“たったの200回”つらく哀しい現状 - まいじつ
    在籍中どんなに大人気を博しても、卒業するとみな活動に苦戦することで知られる『AKB48』のメンバーたち。その例に漏れず、元メンバー・板野友美の悲惨な現状が浮き彫り ...
    (出典:まいじつ)


    整形したイメージが世間にもすごい広まっているからではないでしょうか?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/12(金) 13:58:23.64 ID:g9UyyZKe9.net

    在籍中どんなに大人気を博しても、卒業するとみな活動に苦戦することで知られる『AKB48』のメンバーたち。その例に漏れず、元メンバー・板野友美の悲惨な現状が浮き彫りになってきた。

    去る3月8日、板野は自身の公式サイトにて、《2019年の板野友美アーティスト活動プロジェクト第一弾》としてワンマンライブを行うと発表。
    日程は6月1日の1日のみで、会場には昨年のライブツアーで最終公演を行なった『マイナビBLITZ赤坂』が選ばれた。

    翌9日からは、各チケットサイトにて販売がスタート。しかし、用意された枚数に達し次第終了する先着順にもかかわらず、チケットは販売開始から1カ月以上経過した現在も購入可能な状態。
    残りわずかというわけでもなく、随分と余っているらしい。

    音楽のみならず、芸能活動全般に黄色信号…
    「卒業後の『AKB』メンバーは誰もが苦しみますから、この一件も〝よくあること〟としか思われないでしょう。
    しかし、今回のライブはツアーではなく1日のみの開催。会場も地方ではなく東京のライブホールで、収容人数1300人ほどとハードルは相当低く設定されています」(音楽誌編集)

    さらに、板野の哀れさを悲痛なまでに強調するのが、YouTubeで公開されたライブ開催の告知動画。
    この動画では板野本人が意気込みや見どころを語っているのだが、何と再生回数は200回ほどと惨さんたる有様になっているのだ。

    「やはり、ブームに乗っただけの板野が音楽活動すること自体に無理があったんですよ。
    2014~16年の2年間でライブの収容人数は半分にまで落ち込んでいましたし、今年2月に発売した新曲は初動2906枚という大爆死でした。
    本人はモデルや歌手などアーティスティックな路線を目指していますが、歌手としての実績はご覧のありさまで、低身長のためモデルはもっと厳しい。
    ひな壇に座ることはプライドが許さないのでしょうが、〝元AKB〟の肩書を生かしたバラエティータレントならまだ生き残る道はあったのに…」(アイドルライター)

    複数投票が可能とはいえ、AKB総選挙では最大63547票を獲得したことがある板野。
    このときのファンは一体どこへ行ってしまったのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1772295/
    2019.04.12 10:31 まいじつ


    (出典 Youtube)



    (出典 ic4-a.wowma.net)


    【元AKB48板野友美、怒りのフルヌードか?!ワンマンライブチケット、ほとんど売れず・・・。】の続きを読む


    秋元才加、SNS中傷に反論「モテないんだろうな」 - 日刊スポーツ
    元AKB48で女優の秋元才加(30)が、SNSに書き込まれる年齢や容姿に関する中傷コメントに反論し、「モテないんだろうなぁ」とやり返した。秋元は27日、ツイッ…
    (出典:日刊スポーツ)


    もう少し、中傷に対する上手い返し方ってあると思います。  

    1 Egg ★ :2019/03/27(水) 22:58:41.60 ID:3mQ3k8xC9.net

    元AKB48で女優の秋元才加(30)が、SNSに書き込まれる年齢や容姿に関する中傷コメントに反論し、「モテないんだろうなぁ」とやり返した。

    秋元は27日、ツイッターを更新。「たまにインスタとかツイッターで『老けた?』とか『ババア』とかコメントくれる方」と中傷を受けていることを明かし、「日々時間は流れてるし、年齢を重ねて変化していくのは当たり前。若さとは違う魅力を見つけて努力してる」と反論した。

    心無い一部のネットユーザーに対し、「わざわざ書いてくるあたり、やぼだしモテないんだろうなぁって思うよ?」とチクリと刺し、「しかもそうゆう人に限って捨てアカ」とつづった。

    [2019年3月27日16時15分]日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201903270000549_m.html?mode=all

    写真
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/photonews/photonews_nsInc_201903270000549-0.html


    (出典 endia.net)


    【『元AKB48 女優の秋元才加』どんだけ気にしてんだよw  その返しはショボい  】の続きを読む


    卒業時期は悩みどころですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/06(日) 21:52:29.19 ID:CAP_USER9.net

    昨年12月、HKT48の指原莉乃がグループからの卒業を発表。

    4月28日に神奈川・横浜スタジアムで卒業コンサートを行い、卒業後の5月28日にHKT48の本拠地である福岡・マリンメッセ福岡で“大感謝祭”を実施する。

    「福岡・博多のHKT48劇場での卒業公演はおそらく、この2大イベントの間に開催されそうですが、
    AKB48グループの“顔”ともいえる指原だけに、公演チケットは激しい争奪戦が展開されることになりそうです」(芸能記者)

    AKB総選挙で前人未到の3連覇を達成した指原だけに、最後の“花道”を大舞台で飾り、興行面では運営サイドにかなりの利益をもたらしそうだが、
    指原の卒業後、古参メンバーたちをどういう形で卒業させるかが、かなりの課題になりそうだというのだ。

    「真っ先に名前があがるのは唯一の1期生である峯岸みなみ。そして、3期生の柏木由紀、4期生の大家志津香、5期生の宮崎美穂です。
    峯岸や柏木の場合、ゲストの卒業生をたっぷり呼べるので、それなりの規模の会場でもできそうですが、ほかの2人はせいぜい劇場公演での卒業がいいところでしょう。
    運営としてはいつでも卒業ウエルカムなんですが、本人たちがなかなか辞めたがっていないんです」(テレビ局関係者)

    4人ともそれぞれ大手の芸能プロに所属。卒業してもそれなりに仕事はありそうだが…。

    「峯岸は男関係でやらかして丸刈りになった。柏木や宮崎も男関係のスキャンダルがあった。
    この3人は卒業したらかなり厳しいだろう。それに対して大家はバラエティーで活躍中。4人の中では一番、生き残れるのでは」(同)

    奥の手としては、4人が合同で卒業イベントを開催すれば、それなりに話題になって集客できそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15835410/
    2019年1月6日 21時20分 リアルライブ


    (出典 cdn.bg-mania.jp)



    (出典 www.m-on-music.jp)


    【いつまで成長を見守ればいいんだよ ! 古参メンバーたちの卒業時期に頭を悩ます、AKB48の運営サイド】の続きを読む


    NY公演でドン引きされたAKB48 秋元康氏「日本の独自性が海外で受ける」
    NY公演でドン引きされたAKB48 秋元康氏「日本の独自性が海外で受ける」  livedoor
    (出典:livedoor)


    秋元康 好きになれないです。

    1 Egg ★ :2018/10/25(木) 06:21:28.54 ID:CAP_USER9.net

     AKB48グループや乃木坂46、欅坂46の総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏が24日、東京・丸の内周辺で開催されているアートイベント『藝大アーツイン丸の内2018』(22日~31日)のスペシャルトークショーに登壇した。

     東京藝術大学の客員教授でもある秋元氏は、自身の経験を交えて「秋元康の芸術観」をテーマにトーク。「一朝一夕には手に入らないものに価値がある。時間をかけないと手に入らないものが大事」という秋元氏は「すごく不遜な言い方をすると、ヒット曲というのは経験や誰が歌うかを含めて狙えると思うんですよ。結果ヒットするかは別として。でも、スタンダードナンバーは狙えないんです。最終的に皆さんが、いい曲だねと言って残してくださるからスタンダードになる。流行歌の完成形は、50年後、100年後に口ずさまれているかということ。芸術もそうでしょう?」と話した。

     タイ・バンコクを拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、BNK48の2ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」が社会現象化していることにも言及し、かつては海外進出に失敗したことも回顧。「僕は欧米にあこがれた世代。欧米のようなものを作りたいとずっと思っていたんですね。そうやって音楽や映画を作って、ことごとく失敗した。お前らみたいな中途半端なものはいらないと言われてしまう。80年代にハリウッドで映画をやろうとしたけど、けんもほろろでした」と振り返る。

     海外進出を諦めてホラー映画『着信アリ』(2003年)を作ったところ、ハリウッドからリメイクの話があり、その後『ワン・ミス・コール』として2008年にアメリカで公開された。「こちらが海外のことを考えずに、自分たちが楽しいもの、ドメスティックなものを作れば作るほど彼らは欲しくなる」と、日本の独自性が海外で受けたことを語った。

     AKB48の例もあげ、「AKB48を(2009年に)ニューヨークに連れて行って公演をやったんですよ。最初の3曲はドン引きです。歌は下手だわ、ダンスは下手だわ、バラバラだわで何しに来たんだと。

    ところが4~5曲目くらいからなんだかわからないエネルギーに巻き込まれて、アンコールの頃にはスタンディングオベーションがすごかったんです。日本のアニメとかアイドル、ホラー映画とか、自分たちで作れないものが受ける。タイのBNK48、インドネシアのJKT48もそうなんですけど、面白がられるんですよね」と経験を踏まえた持論を展開した。

     ダンスや歌唱面では「K-POPはすごい」という秋元氏は、対して「日本のアイドルはドキュメンタリーなんです」と語る。

    「夢がかなうまでの物語を、みんなが見ている。AKB48のコンセプトは後付けで言うと、高校野球なんです。秋葉原に新設の高校野球部ができました。野球の下手っぴな子たちが集まって、そこに秋元康という、かつておニャン子クラブを甲子園に導いた監督が来ました。それで下手っぴチームがどこまで行けるでしょうかということでスタートしました。一部のファンが頑張れと応援してくださって、だんだん名前が知られるようになって都大会で優勝して、初甲子園に行って、1回戦で敗退して…そして甲子園で優勝した。言葉も違えば文化も違うインドネシアやタイでなぜ受けるかというと、同じようにそこには夢があり、夢に手を伸ばす少女たちがいるということ。夢に手を伸ばす集団なんです」と話していた。

     『藝大アーツイン丸の内』は、東京藝術大学が次代を担う新鋭アーティストを支援するとともに、ビジネス街・丸の内を訪れた人々に気軽に芸術を楽しんでもらうことを目的とした体感型アートイベント。12年目を迎えた今回は「BORN!」テーマに、22日~31日までの期間中、丸の内周辺各所で“見て、聴いて、触れて、食べて楽しむ”イベントが同時開催されている。聞き手は東京藝術大学の特任教授でイベントの総合プロデューサー・伊東順二氏が務めた。

    2018年10月24日 20時17分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15493311/


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【AKB48 NY公演でドン引き 「日本の独自性が海外で受ける」「日本のアイドルはドキュメンタリーなんです」と秋元康氏】の続きを読む

    このページのトップヘ