芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > 芸能人


    中山美穂がR18+映画出演、大胆なラブシーン挑戦 - 日刊スポーツ
    中山美穂(49)が、劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ(56)が監督、脚本、主演を務める映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(今秋公開)に出演することが15日、 ...
    (出典:日刊スポーツ)


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    54キロバイト (4,168 語) - 2019年5月16日 (木) 08:08


    あと20年早かったらと思います。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/05/16(木) 06:07:57.56 ID:W5GUiz/E9.net

    [2019年5月16日5時0分]

    中山美穂(49)が、劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ(56)が監督、脚本、主演を務める映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(今秋公開)に出演することが15日、分かった。18歳未満の入場、鑑賞を禁止する「R18+」指定の作品で、中山にとって初の「R18+」作品。ベッドシーンなど大胆なラブシーンに挑戦した。

    中山は、松尾演じる主人公の妻で元女優役。熱を上げる年下ダンサーとのツーショットをSNSにアップしたことで、夫が激怒することが発端。離婚で財産を半分取られると知った夫が、妻の投稿に寄せられた108の「いいね ! 」と同じ数だけ女性を抱き、資産を使い切ろうともくろむ物語だ。中山は身も心もダンサーに奪われるさまを、大人の魅力で熱演している。

    中山は、以前から親交があった松尾に、出演を自ら志願したという。「松尾監督がこの作品を構想中のころ、とっさに私にやらせて下さいと申し出てしまったのです」と明かした。

    中山が志願した時は、映画が実現するかどうか不明だったそうだが、昨年9月から10月にかけて撮影が行われた。中山は「楽しくてしかたのない現場でした。とにかく笑える内容です。そして切ない。私にやらせていただけたことに感謝しています」と現場の充実ぶりを振り返り、出来上がりに自信を見せた。

    ほかに岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCoらが出演する。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905150000459.html


    (出典 www.cinemacafe.net)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    (出典 ikamimi.work)


    【【朗報】養育費のためになりふり構わず?ついに!中山美穂が濡れ場に挑戦】の続きを読む


    ラサール石井、佐藤浩市批判の百田尚樹氏「何様?」 - 日刊スポーツ
    タレントのラサール石井(63)が「安倍晋三首相をやゆした」などと、ネット上で炎上している俳優の佐藤浩市(58)を非難した作家の百田尚樹氏(63)を「何様?」と批判した。
    (出典:日刊スポーツ)


    ラサール石井の言いたいことはわかります。ただし、百田氏の言いたいこともわかります。ここからは価値観の問題ですね。

    1 Egg ★ :2019/05/14(火) 09:25:53.98 ID:GPB8LnBF9.net

    タレントのラサール石井(63)が「安倍晋三首相をやゆした」などと、ネット上で炎上している俳優の佐藤浩市(58)を非難した作家の百田尚樹氏(63)を「何様?」と批判した。

    24日公開の映画「空母いぶき」に総理大臣役で出演する佐藤浩市は、9日発売の漫画雑誌「ビッグコミック」(小学館)のインタビュー記事内で「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。

    いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と語り、さらに自身の役柄を「ストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまうっていう設定にしてもらったんです」と発言。この発言が、ネット上では過去に潰瘍性大腸炎の悪化で首相を辞任したことがある安倍首相をやゆしていると受け取られ、炎上騒ぎとなった。

    百田氏は佐藤の発言にツイッターで「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。 人*の役も、*の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と怒りをあらわに。「私は自分の作品の映画化に関して、キャスティングに口出ししたことは一度もない。しかし、もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と宣言した。

    百田氏の発言はネット上で拡散され、賛否を呼んだ。ラ・サール石井は13日、ツイッターで「佐藤浩市氏のどこが三流なのか。役者の何を知ってるのか。自分の意に沿わないと三流なの?」と疑問を呈し、「今後映画化されるほどの小説がまだ書けると確信してるんだ。 謙虚さのかけらもない。何様?」とつづった。

    5/14(火) 9:19配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-05140124-nksports-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 deai-wakare.tokyo)



    (出典 magabon.yomiuri.co.jp)



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【<ラサール石井>作家の百田尚樹氏を批判 「何様?」】の続きを読む


    生島ヒロシが借金10億円の真相を告白「少なくとも5人にだまされた」 - livedoor
    生島ヒロシがスポーツ報知の取材で、約10億円の借金を背負った真相を告白。金融商品投資などで「少なくとも5人にだまされた」という。学生時代の親友には2000万円を ...
    (出典:livedoor)


    生島 ヒロシ(いくしま ひろし、1950年12月24日 - )は、日本のアナウンサー、タレント、ファイナンシャルプランナー。東北福祉大学客員教授。本名、生島 博(いくしま ひろし)。 宮城県気仙沼市出身。生島企画室最高経営責任者。TBSアナウンサー16期生。 宮城県気仙沼高等学校卒業後、法政大学経営
    33キロバイト (4,148 語) - 2019年4月27日 (土) 02:36


    借金10億円って凄いですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/13(月) 19:46:09.38 ID:LS9p2iPB9.net

    フリーアナウンサーの生島ヒロシ(68)が先月1日に刊行した平成最後の自著「どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー」(ゴマブックス、1296円)が話題を呼んでいる。
    平成元年(1989年)のTBS退社後、約10億円の借金を負うなど波乱万丈の半生を駆け抜けた異色アナが、生きるヒントを伝える一冊だ。
    生島は、このほどスポーツ報知の取材に応じ、自身の経験を振り返り「失敗したっていい。諦めないで頑張り続けることが大事」と語った。(江畑 康二郎)

    アナウンサー歴43年。ツンツンヘアにニコニコ笑顔が印象的な生島の知られざる素顔が本書の「37のストーリー」に詰まっている。著者の好きな言葉は「耐えて夢を追う」だ。

    「目標があって、簡単に手に入らなくても諦めないことが大事。諦めないで頑張り続けることで願いはかなう。失敗したっていいじゃないか。それを笑い飛ばすつもりでやればいい」

    自身も失敗し「どん底」からはい上がった一人だから、そこに説得力が宿る。

    TBSから独立し、自身の事務所「生島企画室」を設立。年収はTBS時代の1200万円から1億2000万円、3年目には3億6000万円に急増した。
    一方で約1億6000万円の都心のマンションに事務所を構え、都内に約4億円の自宅を購入。他にもワンルームマンションなど不動産投資に数億円使った。
    さらに知人らに金融商品投資でだまされるなどして計約2億円の損失を出し、借金は10億円ほどに膨れ上がったという。

    「少なくとも5人にだまされた。学生時代の親友には2000万円踏み倒されて、連絡がつかなくなった。振り返ると自分がバカだなと思いますが、だますよりだまされた方がいい。授業料だと思っています」

    94年4月に総合司会に就任したフジテレビ系の情報番組「おはよう!ナイスデイ」を1年半で降板し、テレビの仕事が減少。息子2人の授業料、義母の介護、毎月約400万円のローン返済など出費はかさんだ。
    その窮状を救ったのが、98年にスタートしたTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食」(月~金曜・前5時)、
    「生島ヒロシのおはよう一直線」(同・前5時半)と「エロかしこい」のキャッチフレーズで人気を博した所属タレントの優木まおみ(39)だった。

    「まおみちゃんがブレイクして、お金が潤ってきた。それまでは自分の収入を中心に回していたけど、自分の収入以外が増えてきたので助かった」

    学生運動が盛んだった71年、生島は法大3年の夏に単身渡米。高校から始めた空手を教えるためだった。だが現実は厳しく、食うや食わずの生活を余儀なくされ、
    アルバイトでしのぎながら、75年にカリフォルニア州立大ロングビーチ校ジャーナリズム科を卒業。海外生活の中で幼少からの赤面症を克服し、アナウンサーの夢が芽生えた。

    「日本はNHKのアナウンサーのように真面目にニュース原稿を読んでいたけど、向こうのキャスターは自分の意見を言うし、個性を出す。これだな、と思った」

    帰国後の76年、セミロングヘアにタートルネック姿でTBSの入社試験を受け、最終面接で「僕はTBSの生島ヒロシでは終わりたくありませんので、いずれ独立します」と仰天宣言。
    型破りすぎるキャラクターが当時の社長の心をつかみ、採用された。13年後、有言実行でフリーに転身した。

    悲しい別れもあった。2011年の東日本大震災の津波で、地元・宮城県気仙沼市に住んでいた実妹の亀井喜代美さん夫婦を失った。

    「明日がやってくると思っていた妹たちが、突然人生にピリオドを打つことになった。だから、明日が来るのは当たり前と思ってはいけない。一日一生。今日が最後だと思って悔いなく生きる」

    「生島企画室」は現在、タレント、文化人ら約80人と社員14人を抱える大所帯に。「―おはよう定食」「―おはよう一直線」は今月6日で放送5500回を達成した。
    来年、生島は古希を迎えるが持ち前のポジティブシンキングは健在。令和の世で、目指すは生涯現役だ。

    「求められるうちはやりたい。そのために健康管理をすれば、こっちもモチベーションが上がる。必要とされる今を大切にしたい」

    ◆生島ヒロシ(いくしま・ひろし)本名・生島博。1950年12月24日、宮城県気仙沼市生まれ。68歳。1971年、法大経営学部を休学し、単身渡米。
    カリフォルニア州立大ロングビーチ校ジャーナリズム科に進み、75年に卒業。76年、TBS入社。アナウンサーとして活躍し、89年に同局を退社。同年、「生島企画室」を設立し、最高経営責任者に就任。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16450211/
    2019年5月13日 10時1分 スポーツ報知


    (出典 healthpress.jp)



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    【生島ヒロシ、過去の壮絶な経験を語る 「必要とされる今を大切にしたい」】の続きを読む


    たけしスタイリストが突如クビ…愛人が「体触るな!」と激怒 - 女性自身
    【女性自身】「20年以上たけしさんを担当していた50代の女性専属スタイリストのSさんが3月いっぱいで解雇されたんです。今は特定のスタイリストがいないため、衣装の ...
    (出典:女性自身)


    行き過ぎてますね。ビートたけしは何か言わないのでしょうか。愛人のなすがままなのでしょうか。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/14(火) 06:46:17.38 ID:XfInwUqI9.net

    「20年以上たけしさんを担当していた50代の女性専属スタイリストのSさんが3月いっぱいで解雇されたんです。今は特定のスタイリストがいないため、衣装の色合いやサイズにバラつきが出ています」(テレビ局関係者)

    「オフィス北野」から独立し、昨春から新事務所「T.Nゴン」で活動を開始したビートたけし(72)。取締役には愛人と報じられている18歳年下のAさん(53)も名を連ねる。前出の関係者は続ける。

    「Sさんは、たけしさんの先代スタイリストの助手だったんです。長年、たけしさんのあのイメージを作り上げてきた“陰の功労者”でした。愛想のよい、少しふくよかな女性で、現場の潤滑油になっていた貴重な存在。芸人仲間やテレビ局のスタッフたちの間でも、とても親しまれていたんです」

    そんな彼女に、突如のクビ宣告。いったい何があったのだろう。

    「スタイリストは仕事上、採寸や衣装の微調整のためタレントさんの体に触れることがありますが、Aさんがその行為を許せなくなったようなんです。今年1月、Aさんは突然『たけしの体に触るな!』と激怒してSさんに契約解除を言い渡したとか。『オフィス北野』時代からの重鎮スタッフが間に入ってAさんに再考を促したそうですが、彼女が翻意することはありませんでした」

    “嫉妬”ゆえの決断なのだろうか。たけしを知る制作関係者は言う。

    「Aさんは今の事務所の共同経営者でもありますから、たけしさんに古くから関わっている関係者を改めて“精査”しているようです。同時期に喫煙問題で解雇されたスタッフもいたそうです。“たけしさんがAさんの言うことしか聞かない状態なのをいいことに、言うことを聞く人で周囲を固めようとしている”という声も聞きます」

    実際、たけしの長男・北野篤氏(38)は、『週刊文春』5月2日号で、こんな不安を漏らしている。

    《実はもう父とは二年近く連絡が取れない状態が続いています》
    《父の周りにいる顔ぶれもすっかり変わり、そうした人たちの悪い噂も見聞きするようになった。この状態を放置している父は何を考えているのか。何もできないのでしょうか》

    前出の制作関係者はこう語る。

    「たけしさんは周りから『殿』と崇められていますが、Aさんだけは最初から違いました。叱ったり罵倒したりすることもあります。そうかと思えば、パジャマからズボンにはき替えさせたり、靴下をはかせてくれたりと何も言わずとも身の回りのことをやっていました。亡き最愛の母・さきさんがまさにこのタイプ。Aさんはたけしさんの“理想の女性”だったんでしょうか……」

    たけしの知人によれば「Sさんの契約が3月で満了しただけ。新事務所の経費削減の一環」だというが、“専横”ととらえかねない言動なのでは――。


    5/14(火) 0:00配信 女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190514-00010001-jisin-ent


    (出典 image.walkerplus.com)



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 chanare.com)


    【【悲報】ビートたけし、愛人が嫉妬ゆえの決断?!これは酷い】の続きを読む


    中川翔子の“ジュース事件”は実話だった!?目撃者証言ツイートの信憑性 | - アサジョ
    タレントの中川翔子が5月7日に自身のツイッターアカウントを更新し、映画館で他の客からジュースをかけられる被害に遭ったことを打ち明けている。「今日はめっちゃくちゃ ...
    (出典:アサジョ)


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    129キロバイト (14,210 語) - 2019年5月12日 (日) 11:13


    しょこたんが嘘をついているとは思えません。それにしても、事実だったら許せないです。こんな非常識で酷いことをするなんて信じられません。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/11(土) 08:37:29.19 ID:DRm+pT+K9.net

    タレントの中川翔子が5月7日に自身のツイッターアカウントを更新し、映画館で他の客からジュースをかけられる被害に遭ったことを打ち明けている。

    「今日はめっちゃくちゃに、びっくりなほど、理不尽なショックなことが!」と切り出した中川は、
    「映画館って、席がうっすら揺れるときあります?わたしの席、揺れるときあったんだけど、地震かな?または近くの劇場で4d的な?って思ったんですけど」と綴り、
    劇場内で座席の揺れを感じたことを説明すると、「上映中に前の席の人が振り向いて、足やめろ!揺れてんだよ!て、
    いきなり私にジュースをかけた。え?て、あまりのことに唖然。まだ上映中だし足を前にぶつけたり一切してない」とツイート。
    中川から足をぶつけられていると勘違いした前席の客から、不条理な仕打ちを受けていたことを告白した。

    この一連の中川のツイートがネットニュースでも伝えられると、理不尽な前席の客に対する非難や中川への同情票が集まったが、
    一方で中川自身も“全く意味不明すぎる出来事”と表現するほどあまりにも不可解な展開だったからか、一部では「いきなりジュースかけるかね…」との疑問の声や、
    世間の注目やリアクションを求めるためにエピソードを創作した投稿を意味する「嘘松」などとその真偽を疑う声すらも出ていた。

    しかし、この現場に居合わせていたという目撃者が数名ほどツイッター上で中川宛てにリプライしたことで、中川の体験した“意味不明すぎる出来事”が裏付けされる事態となったのだ。

    「大きく波紋を呼ぶこととなった中川のツイートを覗くと、その返信欄には『隣にいましたまさか飲み物かけられてたのがしょこたんだったとは。
    流石にあれは理不尽と言うかマナーが悪かったですね。揺れてたのは僕も気になってました』『私は反対の隣にいました。
    (加害者は)上映後すぐに出て行かれたので声はかけれる状況ではなかったですね』などの証言が並び、
    中川の体験が真実であることを窺わせています。ただし、これらの証言ツイートの主の中にはこれまで他の投稿を一切していなかったり、
    フォロワーがゼロだったりと、いわゆる“捨てアカウント”の可能性もあるので100%信じるに足るものかどうかは不明瞭ですが、
    全てのツイートが嘘の証言ということは無さそうですし、そもそもこのような話をでっち上げることによる中川のメリットは何もありませんからね」(テレビ誌ライター)

    中には「相手の顔も覚えてますし訴える等協力できることがあればいつでもお声かけください」といった返信もあり、中川にジュースをかけた加害者は戦々恐々の状態だろうか。

    それにしても、今回の騒動の発端となった“座席の揺れ”に関する真相を究明しない限り、今後もこのようなトラブルは起き続ける可能性が高く、映画館側にも事態の掌握を期待したいところだが果たして…?

    http://news.livedoor.com/article/detail/16439485/
    2019年5月10日 18時15分 アサジョ


    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    (出典 www.yamagata-yukifes.jp)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【実話かウソか?!中川翔子のジュース事件!このツイートは本当なのか?!】の続きを読む

    このページのトップヘ