芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > 女優


     個人的には、長澤まさみか米倉涼子かなと思ってしまいました。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/01/16(Thu) 11:27:35 ID:p17z67pL9.net

    薬物事件の影響で女優沢尻エリカ被告(33)が降板したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、始まる。
    その沢尻被告の事件が思わぬところに波紋を広げている。

    テレビ各局は“第2の沢尻”が出て、とばっちりを食らわないよう「危険人物リスト」を作成中だが、
    その最上位には数々の大ヒット映画に出演歴のある俳優Xが名を連ねているという。

    すでに某局ではXを出演NGに指定。さらに派生して沢尻被告と人気・実力とも同格の女優Yの名前も浮上。
    背景にはキナくさい“策略”がうごめいている可能性もあるという。

    「麒麟がくる」の撮り直し費用は10億円規模に達するとみられている。

    「違約金だけで済む話ではない。放送開始日も1月5日から1月19日に変更になった。
    大河ドラマでこんなことは初。大河の歴史に大きな傷をつけた」(NHK関係者)

    NHKだけでなく“沢尻事件”の影響は、ほかのテレビ局にも押し寄せている。

    テレビ関係者は「警察、マトリ(厚生労働省*取締部)担当の報道記者から、
    違法薬物の噂がある芸能人の情報を吸い上げている。ドラマに起用して万が一があってからでは遅いですからね」と話す。

    なかでも最上位に挙げられた人物が、ヒット映画やドラマに多くの出演歴がある俳優のX。
    容姿で勝負するタイプではなく、独特の存在感で異彩を放つ役者だ。

    「Xの周辺に薬物で逮捕された者が複数いたことから、マークされるようになった。当人は完全否定しているが、
    状況的に怪しいと思われても仕方がない。昨年逮捕された有名人の人脈にも、Xの名前はたびたび登場している」(警察関係者)

    すでに、某テレビ局ではXのドラマ、レギュラー番組への起用を控えるようお達しが出ているという。
    そういえば、確かに最近見なくなったような気もする。

    話はこれで終わらない。Xと親しい間柄の人気女優Yにも、疑いの目が向けられているという。

    「Yは以前に奇行が噂され、所属事務所内で問題になった時期があった。当時は交際していた男を含め、交友関係もよろしくなかった。
    ただ、それはずいぶん前の話で、現在はその手の噂とは無縁の生活を送っているはずだが…」とは芸能プロ関係者。

    沢尻被告の逮捕直後には、突如としてYの名前が挙がり始め、一部メディアでは「次に狙われる女優」と報じられることもあった。

    「そればかりか、Yの周辺が沢尻被告の薬物所持を当局にチクったという情報まで流れた。
    沢尻被告とYは、女優として同等クラスの人気を誇る。ライバルを蹴落とすためにYが沢尻被告を“刺した”という内容だった」(前出警察関係者)

    事実ならば、実に興味深いストーリーだが、さすがにデキすぎ。そこで情報のリーク元をたどってみると…。

    「Yによる沢尻陥れ情報はそもそも沢尻被告に近い筋から、しきりに流されていたことが判明した。
    捜査のかく乱、もしくはメディアの印象操作が狙いなのではないか。沢尻の事件ではありもしないガセ情報が多く流された」(同)

    また、「麒麟がくる」の某主要キャストにも薬物疑惑が噂されているが、
    これも「何の信ぴょう性もない。それなのにじわじわと業界に広まっている」(NHK関係者)という。

    単なる嫌がらせか、それとも何らかの意図があるのか。31日に初公判を迎える沢尻被告の事件を機に、年明けの芸能界が騒がしくなっていることだけは確かだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000002-tospoweb-ent


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)



    (出典 desk-drawer.com)



    (出典 www.sankei.com)



    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【危険リストにあの女優が!沢尻と同格"第2の沢尻"とは】の続きを読む


     内緒にしてねと言われたことをペラペラ話す神経が考えられません。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/11(土) 16:09:43.39 ID:32IcgLwg9.net

    1月10日放送の日本テレビ系『ZIP!』に出演した広瀬すずが、長澤まさみにまつわるエピソードを語った。

    番組では、映画『ラストレター』に出演する広瀬らが出演し、さまざまなトークを展開。この中で、映画にちなんで、“今までもらった中で1番嬉しかった手紙は?”と質問された広瀬は、「初めてがっつり映画に参加した時に、長澤まさみさんとご一緒して」と切り出した。

    続けて「長澤さんから頂いたお手紙が、未だにたまに見返して癒される」と語り、「最後の1行に、“字が汚いことはみんなに内緒にしてね”って書いてあって」「全然汚くなくて」と明かしていた。

    なお、広瀬と長澤は、2015年の映画『海街diary』で共演経験があり、長澤は四姉妹の次女、広瀬は異母妹の四女の役を演じた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17649681/
    2020年1月11日 12時10分 E-TALENTBANK


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.billboard-japan.com)



    (出典 dot.asahi.com)



    (出典 data.smart-flash.jp)


    【広瀬すず、長澤まさみとの秘密をTVでばらす 「そこがすずちゃんらしい」】の続きを読む


     こんな役をまほほんにやらせるなんて許せません。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/01/11(土) 09:37:33 ID:aBO0FpDh9.net

    俳優の横浜流星(23)と女優の清野菜名(25)がW主演を務める、日本テレビ系連続ドラマ
    『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日曜22時30分~)が、1月12日よりスタートする。

    事情を知るドラマ関係者はこう語る。

    「実は、同ドラマの第1話には、あの元NGT48の山口真帆(24)がゲスト出演するんです。
    山口が演じるのは、整形して綺麗になるが、勤務先の会社でそれを良く思わない人物に執拗なパワハラを受けて苦しむOL役。
    ひどいイジメに遭うという難しい役どころなんですが、山口は見事に演じ切ったようですよ。

    ただ、イジメられた末、*ことになってしまう役なのではないかとも聞こえてきています。
    山口といえば、グループ内でイジメられていたという噂もありましたよね……」

    2018年12月に自宅マンションの自室前でファンの男性に暴行されたという山口は、事件を受け、2019年5月にNGT48を卒業。
    現在は、その暴行事件をめぐり、AKB48グループの運営会社が犯人グループを相手に損害賠償を求めて係争中だ。
    次回の弁論準備手続きは1月29日に行われる予定になっている。

    「ファンの男性からの暴行、グループ内でのイジメなどが原因でNGT48を脱退したとされる山口を、
    このタイミングで“イジメられた末に*でしまう”役でドラマ初出演させるなんて……大炎上もありえますよね。

    むしろ制作側は、炎上覚悟、炎上狙いでキャスティングしたのではとも考えてしまいます。
    山口のファンがドラマ『シロクロ』を見て何を思うのか、気になるところです……」(前出のドラマ関係者)
    https://taishu.jp/articles/-/71522?page=1


    (出典 www.ytv.co.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 petitwings.com)


    【元NGT山口真帆、「まほほんにこんな役をさせるなんて」ファン激怒 炎上必至】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    98キロバイト (12,593 語) - 2020年1月5日 (日) 11:56


     5年間も干されていたんですね。令和は沢山活躍してほしいです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/08(水) 06:35:28.76 ID:Gqib2cfs9.net

    所属事務所を独立して以降、芸能界の表舞台から干され続けている女優・のん(旧芸名・能年玲奈)。しかし、令和2年は、彼女の復活の年になるのではないかと注目されている。

    「のんがヒロインの声を務める映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の試写会に、天皇皇后両陛下と愛子さまがお見えになった。令和の御代となって初の映画鑑賞だったことから、マスコミに“令和初の天覧女優”になったと報じられ、幸先の良いスタートになりました」(映画関係者)

    2013年上半期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロインを演じ、脚光を浴びた能年玲奈だったが、15年、所属していた『レプロ・エンタテインメント』との“奴隷契約”をめぐって独立騒動が勃発。16年に契約が終了した段階で独立したものの、前事務所から芸名の使用禁止を受けて、本名だった能年玲奈から“のん“に改名したが、そこから長らく芸能界の表舞台、特にテレビからは干されることになった。

    「2016年末には、のんがヒロインの声を担当した長編アニメーション映画『この世界の片隅に』が、約27億円を超える大ヒットを記録しましたが、彼女の地上波での状況は変わりませんでした。ただ、昨年7月、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をテレビ局に出演させないように圧力をかけたと注意喚起し、少し風向きが変わり始めました」(前同)

    芸能プロの意向でのんが干され続けている状況に変わりはないものの、ファンや視聴者からは彼女の起用を求める声があがり、『あまちゃん』の舞台になった岩手県は、復興支援や同県のPRに貢献してきたのんのサポートを表明。その結果、兵庫県出身の彼女が、岩手県選出で東京五輪の聖火ランナーに選ばれることになったほか、昨年末の12月20日には、『この世界の片隅に』に、約40分の新しいエピソードを追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開。両陛下と愛子さまが鑑賞されたことも後押しになってか、前作同様、ヒットを続けている。

    「ここにきて、元SMAPのメンバーである『新しい地図』が地上波に次々と出演していますが、もはや、テレビ局も、彼女の存在を無視できなくなるでしょう。また、今年は6年ぶりとなる主演映画も決まっていますし、今年こそ、のんの復活の年になると思いますよ」(前同)

    のんが主演するのは、25年間にわたって愛され続けてきた人気舞台『星屑の町』の実写映画化。3月6日の公開予定だが、その直後の3月26日には、のんがランナーの一人を務める聖火リレーが、東日本大震災の被災地・福島県のJヴィレッジをスタートする。

    約5年間、大手芸能プロの理不尽な圧力で干され続けてきたのんも、今年こそ、復活できるかーー。テレビ局各局が、大手事務所偏重の旧態依然の体制から、そろそろ脱却することを期待したい。

    https://www.cyzo.com/2020/01/post_227704_entry.html
    2020/01/07 22:22


    (出典 www.cyzo.com)



    (出典 live.staticflickr.com)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    【のん、旧芸名「能年玲奈」令和になっていよいよ表舞台に復活か】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    78キロバイト (10,695 語) - 2019年12月12日 (木) 05:01


     吉岡里帆は、どんぎつねコスプレ大ハマリですね。個人的にもとても可愛くて大好きです。

    1 すらいむ ★ :2020/01/07(火) 11:10:44 ID:ZmHhAt3T9.net

    吉岡里帆“どんぎつね”1st写真集が「本気過ぎ」と話題に「可愛すぎる」

     女優の吉岡里帆が話題だ。「どん兵衛」の公式サイト上で公開されている“どんぎつね”の写真集が「可愛すぎる」「狂ってる」などと大きな反響を呼んでいる。

     吉岡扮する“どんぎつね”と星野源でおなじみの日清食品「どん兵衛」のCMだが、公式サイトでは、「どんぎつね 1st写真集」として吉岡“どんぎつね”のスライド式画像集を公開している。

     その写真集は、キツネ耳をつけた“どんぎつね”をストーリー仕立てで描写したもの。
     「ぼくのそばに きみがいる」とのコピーで始まる1枚目は、テーブルの上で、両手で頬を支えた吉岡の姿が活写されている。

     さらに、「これは夢? その卵でぼくの頭を コツンと叩いてくれないか」とのコピーに合わせて、卵で右目を隠した吉岡。
     「そのとき落ちたのは、きみじゃなくて、ぼくだった」の文言とともに、どん兵衛に卵を割って入れようとする吉岡の姿が次々に登場する。

     続けて、“年末詣で”する吉岡“どんぎつね”が着物姿で登場。
     “ぼく”の“どんぎつね”への溢れる慕情が綴られていく中で、吉岡はキュートな表情や仕草を見せている。

     この“1st写真集”がネット上で大きな反響を呼んでいる。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ミュージックヴォイス 2020年1月7日 10時12分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17628562/

    日清どん兵衛公式
    https://www.donbei.jp/dongitsune/


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 www.j-cast.com)



    (出典 www.cmgirls.com)



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【 吉岡里帆、どんぎつねネット写真集が「狂っているほどかわいすぎる」と大反響!】の続きを読む

    このページのトップヘ