芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    2

    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、ドラァグクイーン、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    46キロバイト (5,560 語) - 2020年9月1日 (火) 21:11



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    マツコ・デラックスは健康は大丈夫なのでしょうか?あれだけ肥満だと血圧やその他結構いっていると思うのですが…。でもお茶の間ではすごい人気で、毒舌ですが個人的には嫌いではありません。これからも健康に気を付けて頑張って欲しいですね。

    1 フォーエバー ★ :2020/09/05(土) 20:54:39.66

    4日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、タレントのマツコ・デラックスが、クリームパン存続のために、コンビニでシュークリームを売って欲しくないと訴えた。

    番組では有吉弘行が、コンビニで買いすぎてしまい、ハムをどこかに落としてしまった失敗談を話していた。

    コンビニの話題が出たということでマツコは「昨日、クリームパンが食べたくなって、コンビニ4軒ハシゴしたのにクリームパンなかったのよ!」と発言、「なんでないの……クリームパン! 今人気ないの?」と聞いた。

    番組スタッフに聞くと、あまり食べないという答えが返ってきた。また、久保田直子アナウンサーも「クリームパン選ばないです」と答えたが、マツコは「お前がうちの近所のコンビニに仕入れるなって命令してるんだろ? デブにこれ以上クリームを与えないでくださいって」と怒りをぶつけ笑いを誘っていた。

    なおも納得のいかないマツコは「クリームパンっていうのは、なに、特殊なパンになったの?」と質問。有吉がクリームパンの専門店が増え、コンビニでは「ロール(ケーキ)みたいなやつが主力」と説明すると、久保田アナも「そっち買います」と話し、再びマツコは「お前、ババァだかんな! なに若者的な発言をしてんのよ!」と怒ったのだった。

    さらに、有吉が「カスタードが下火かも」と指摘すると、マツコは「カスタードは、シュークリームくらいだものね……。あ、シュークリーム買ってんのかお前ら!!」と勝手にシュークリームを問題視、「シュークリーム売らないでよ!コンビニでもう!」と訴え、スタジオの爆笑を誘った。なお、有吉からは「専門店、探した方がいいよ」とアドバイスをもらっていた。

    2020/09/05 20:11
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8044496?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 www.yamazakipan.co.jp)


    【マツコ・デラックス 現在のコンビニの在り方に怒りをあらわに!】の続きを読む

    2

    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    39キロバイト (5,209 語) - 2020年9月6日 (日) 13:07



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    小島瑠璃子も当然悪いですが、男である原氏が一番悪いと思います。人生経験では原氏が上で、小島瑠璃子は子どもにも等しいわけですからね。確かにベッキーと同じ不倫であっても、状況は違うわけで私は原氏の責任の方が大きいと思います。でも、どんな場合であっても不倫はよくないわけですからそのことは共通することかと思います。

    1 牛丼 ★ :2020/09/06(日) 12:15:15.68

    奪ったのは“元妻”からではなかった

    嫌われ女王から、いまや『令和のベッキー』ともいわれる小島瑠璃子(26)。

    本サイトが彼女のあまりの嫌われっぷりを検証したのが今年の5月。

    それから4ヶ月、 “芸能界追放寸前か?” とまでなっているというから穏やかではない。

    「ここ最近、各週刊誌や芸能ニュースサイトでは連日小島の例の略奪愛を立証するかのごとく後追い記事が出まくっている。そして今までは小島、原氏、原氏元妻の三角関係と見られていたのが、なんと文春砲によって元アイドルEも加わった四角関係に発展したから驚き」(芸能リポーター)

    さまざまな報道や取材内容を整理すると、どうやら原氏が正式に離婚したのは昨年の秋冬というのが一致した見方。

    「小島と原氏が正式に交際したのはその後でしょうから、形式上は略奪愛ではない。しかし結果的に小島はやはり “略奪” している。それは元妻からではなく元アイドルEから原氏を略奪したということ」(同前)

    ここで時系列を簡単に整理しよう。

    原氏はかなり前に番組で共演したEと2年程前から交際。

    原氏は妻と別れることを約束、Eは婚約していた彼氏を裏切り事実上の不倫関係に。

    そして昨年末に正式に原氏の離婚が成立し、Eとの結婚に進むのかと思われたが、そこに改めて現れたのが小島だという。

    「当然、小島は知り合った頃は原氏に家庭があるのを知っていた。昨年末に離婚したのを知って今年になって猛アプローチをしたのでしょうから、そこは小島に罪はない。一番悪いのはEとの関係を小島に黙っていた原氏でしょう。家庭を捨て、Eと小島を天秤にかけた結果、Eを捨てた。文春さんにも報じられていた通り、Eは原氏と結婚するために大手事務所も辞めて芸能界から引退している。そこまでの覚悟があったEをいとも簡単に切った原氏は人間のクズともいえるのでは」(本件を追う夕刊紙記者)

    嫌われ女王の肩を持つ気はないが、今回の件で猛バッシングに晒される小島もある意味で被害者ということか。

    「世の中のすべての人が、文春さんの記事やナックルズさんのこの記事を読むとは限らない。今の世間のイメージは原氏の家庭を壊したのが小島というイメージ。しかし、それだけのリスクを取っても得られるリターン、すなわち財産が大きすぎる。やはり小島からすれば芸能界を退く覚悟で挑んだ最後の恋だったのでは」(同前)

    どちらにしても、業界内からも批判が集中し、もはや居場所の無くなった感のある小島。

    「まさに一時期の矢口真里やベッキーのように追放状態になるのでは。真相を知れば2人のケースとはまるで違いそこまで非はないはずだが、もともと嫌われているのも災いした。こうなったら何としても原氏に食らいついて結婚するべき。それで後に離婚する分には財産分与があるから、もう立派な人生勝ち組」(小島に近い芸能関係者)

    すべての疑惑の中心となる原氏は、弁護士任せで何ひとつコメントを出さないどころか、過去のSNS投稿も閲覧不可にしたというが……元妻、E、そして小島のために、男であるなら逃げてばかりいないで何かしらコメントを出すべき。

    それが、この騒動を収束する鍵となるだろう。
     記事
    https://k-knu*les.jp/1/10940/2/


    (出典 www.crank-in.net)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.shinshu-dc.net)



    (出典 netatori.com)



    (出典 static.blogos.com)


    【小島瑠璃子 芸能生活の危機 有名漫画との熱愛の裏側に驚愕!?】の続きを読む


    笑福亭笑瓶(一番弟子) 笑福亭晃 笑福亭純 笑福亭達 笑福亭恭 笑福亭太(上方落語協会および松竹芸能を脱退し、てんご堂雅落に改名) 笑福亭銀瓶 笑福亭吾 笑福亭二 笑福亭生 笑福亭由 笑福亭鉄瓶 笑福亭べ(元・笑福亭成。破門後、一門に復帰) ^ 元松竹芸能社員で鶴瓶
    81キロバイト (12,179 語) - 2020年8月29日 (土) 19:47



    (出典 www.asahicom.jp)


    鶴瓶からのタモリの逸話は衝撃的ですね。赤塚不二夫との69の話も驚きでした。やはり、芸術家は普通の人とちょっと感覚が違うんですかね。

    1 muffin ★ :2020/09/02(水) 15:34:14.39

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/02/kiji/20200902s00041000268000c.html
    2020年9月2日 14:42

     落語家の笑福亭鶴瓶(68)が1日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。親交の深いタレントのタモリ(75)の奇行を明*場面があった。

     親交が深いタモリについて話が及ぶと、鶴瓶は「あの人はおかしい、一番。(明石家)さんまにしても、(ビート)たけし兄さんにしても、おもろいけど、私生活そこまでちゃう」とキッパリ。ゲストの東野幸治(53)も「タモリさんってなんか狂気がある」と、そのおかしさに同意した。

     タモリとは、フジテレビ「森田一義アワー 笑っていいとも!」で長年共演していた鶴瓶。最近も「電話したりとか、会う時もあるけど」と連絡を取り合っているという。

     そんなタモリについて、「やっぱり普通の時と、おかしい時とか極端。俺にしか見せんのちゃうかな」と鶴瓶。ハワイにある鶴瓶の家にタモリが訪問した際、「裸でツボ持って。こうやって(頭に乗せて)座ってんねん。気付くまでそうやってる」とタモリの奇行を明かした。真意がわからなかったため、数年後「あれ、何やったん?」と聞いたところ、「あんたのところにあった机の(足の)ところで、何人か知らないけど、奴隷がツボを持ってた」と説明したといい、「そんな細かいところ、わからへん」と苦笑。「なんで言わへんの?」と尋ねると、タモリは「そういうところが俺なんや」と返したという。


    (出典 www.dailyshincho.com)



    (出典 www.news-postseven.com)



    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    【鶴瓶 タモリの「性癖」?について初めて語る!その奇行に一同驚愕w】の続きを読む

    このページのトップヘ